画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   【日経バイオテク/機能性食品メール】
      【2014.11.14 Vol.163】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。

 まずは先週末の公衆衛生学会と未病システム学会の記事を紹介します。

※公衆衛生学会
[2014-11-13]
カルピスと愛媛大、希釈して飲む「カルピス」の生活習慣が高齢者のQOLを改善、
公衆衛生学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141113/180427/?ST=ffood

[2014-11-5]
東海大とキリン、プラズマ乳酸菌で風邪対策、657人の成果を公衆衛生学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141105/180122/?ST=ffood

※未病システム学会
[2014-11-14]
森菓と山形大、パセノールの成果を未病システム学会で発表、
「画期的」は何故
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180463/?ST=ffood

[2014-10-31]
米Morinda社、ノニ飲用者の皮膚中AGEsは低い、
疫学データを未病システム学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141031/179973/?ST=ffood

リンク先は、日経バイオテクONLINE機能性食品版です。
第2段落以降をお読みいただくには、ご購読をお願いします。
詳細とお申し込みはこちら
→→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/

 さて今日は、東京ビッグサイトで「アグリビジネス創出フェア」などを取材しました。会場で人気だった赤果肉リンゴの記事をさきほどまとめました。

 「など」というのは「アグロ・イノベーション2014」や「第1回ワールドフルーツEXPO」、「グリーン・イノベーションEXPO2014」も、東京ビッグサイトで開催されていたからです。

[2014-11-14]
弘前と信州が赤果肉リンゴで競演、農水省のアグリフェアに3万人
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180473/?ST=ffood

 食品の機能性成分の研究では、ポリフェノールと色素成分が2大巨頭です。リンゴはこの両方で目立った存在です。

[2014-7-11]
日経バイオテク7月7日号「機能性食材研究」(第7回)、リンゴ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140711/177572/?ST=ffood

 ゲノム解析技術が飛躍的に発展した恩恵を受けて、人気の赤果肉リンゴ品種についても、実際の親がどの品種だったのかが、分かってきたというのもおもしろいです。

 今週月曜日発行の日経バイオテク2014年11月10日号で、カルタヘナ法の特集記事をまとめまして、ぜひご覧いただきたいのですが、

[2014-11-11]
日経バイオテク11月10日号「特集」、「カルタヘナ法」カタルシス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180333/?ST=ffood

 CRISPRなどゲノム編集技術の飛躍的発展により、食品の原料である農作物や畜
産物、水産物のもととなる(命をいただいている)生物の育種が"異次元”の進歩
を遂げています。

 ゲノムサイズが小さな細菌では、先に可能になっていたのですが、ゲノムサイ
ズが細菌に比べて1000倍や1万倍と大きな生物についても、ゲノム情報を自由自在
に編集できる技術が飛躍的に進歩しています。

 細菌の世界では、遺伝子組換え技術によって、どのゲノム部位に変異を入れれ
ば、好ましい性質になるかを把握しておき、そのゲノム部位に突然変異が入れた
ものを実用化する、ということが普及してきました。

[2013-3-24]
ミツカンが納豆の品質問題の原因を組み換え技術で突き止めて納豆菌を変異育種、
2012年8月に実用化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130324/166988/?ST=ffood

 遺伝子組換え技術を使って育種した生物を実用化しようとすると、カルタヘナ
法の対象になってしまい、実用化までの作業や費用がかさんでしまうので、カル
タヘナ法の対象にならない変異育種を利用するのです。変異育種には、化学変異
原物質を用いる方法や、放射線を利用する方法などがあります。

[2014-11-7]
理研BRC、βカテニン遺伝子の1塩基変異でマウスが不妊に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141107/180244/?ST=ffood

 突然変異育種すると、目的としていたゲノム部位の他の場所に、変異が入って
しまうことが多々あります。ゲノム情報を読むコストが飛躍的に下がってきたの
で、他のゲノム部位に悪影響が無いことを確認することは容易にできるようには
なってきたのですが、次のような提案はどうでしょうか。

 逆転の発想で、ゲノム編集によって、ピンポイントのゲノム部位に変異を入れ、
他のゲノム部位に変異が入っていないことも確認する、という方が賢いのではな
いでしょうか。

 原子力発電所の事故で夢のアトムのエネルギーにも課題が大きいことが分かり、
地球上の人口が増えていることに対応して食糧供給も、人類にとって課題です。

 資源には限りがあるのですから、無駄はできるだけ省いて、スマートに地球環
境における人類の活動をできるだけ存続可能にしていきたいものです。

 これまで何度も指摘していますが、カルタヘナ法は本来、生物の多様性を維持
するためのものですが、現在の運用では逆に、多様性を失う悪影響を及ぼしてい
るように思います。

 最先端のゲノム編集技術を利用したとたんに、(不要かもしれない)厳密な安
全性試験に数十億円がかかってしまう、といった状況だと、日本の各地にある特
産品をゲノム編集で育種して、育てやすくしたり、健康に寄与する成分を増やし
たり、といったことが事実上できません。

[2013-1-4]
2013年記者の目、生物多様性と厳密ゲノム編集、人工光合成に期待
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130104/165408/?ST=ffood

 ゲノム解読に続いてゲノム編集の技術が飛躍的に発展してきたのですから、そ
ろそろパラダイム転換すべき時代を迎えていると思います。

 従来タイプの遺伝子組換え技術は「里山に解毒化学工場を建設する、ピンポイ
ント技術が十分でないのでどこに建設されるか分からないけれど、結果的に里山
への悪影響が少ないものを選んで利用する」といったものでした。

 これに対し、ゲノム編集技術には「里山をよりよくするために、植わっている
ピンポイントの樹木を、より好ましい樹木に変更する」という意味合いがありま
す。

 締切時間になりましたので、ここで失礼します。なお、ここ1週間の機能性食品
関連の記事や記者発表のリストは、このメールの最後の部分をご覧ください。

 月1回、日経バイオテクで連載している「機能性食材研究」は今月は、ナスを
取り上げました。ご覧いただきたいです。

[2014-11-14]
日経バイオテク11月10日号「機能性食材研究」(第11回)、ナス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180430/?ST=ffood

 なお、上記で紹介した日経バイオテクONLINEの記事は、第1パラグラフまではど
なたでもご覧になれますが、第2パラグラフ以降も含む記事全文をご覧いただくに
は、有料会員になっていただく必要があります。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版では、月額本体952円(+税)の会費(クレ
ジットカード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文をお読みい
ただけます。記事は、ポイント1の記事と、ポイント0の記事がありますので、月
間のご覧いただける本数は100本以上です。

 アーカイブに格納している10年以上前からの2000本以上の記事も、記事末尾の
関連記事リンクや、キーワード検索などで、ご覧いただけます。

 日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/

日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 最後に、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない
記事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てを
お読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要です。

           日経BP社
           日経バイオテク編集
           河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

◆日経バイオテクONLINEより◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテクONLINE記事のうち機能性食品関連(直近1週間分)

全文をご覧いただくには「日経バイオテクONLINE機能性食品版」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
または、「日経バイオテクONLINE」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/bio_online.html  
への申し込みが必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※2014年11月7日から11月14日までの機能性食品記事リスト(掲載の新しい順)
 リンク先は、日経バイオテクONLINE機能性食品版です。

弘前と信州が赤果肉リンゴで競演、農水省のアグリフェアに3万人
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180473/?ST=ffood

森菓と山形大、パセノールの成果を未病システム学会で発表、「画期的」は何故
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180463/?ST=ffood

日経バイオテク11月10日号「機能性食材研究」(第11回)、ナス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141114/180430/?ST=ffood

広島大の乳酸菌L8020タブレットが日本学校歯科医会の推奨に、トクホ以外では初
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141113/180428/?ST=ffood

カルピスと愛媛大、希釈して飲む「カルピス」の生活習慣が高齢者のQOLを改善、
公衆衛生学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141113/180427/?ST=ffood

日経バイオテク11月10日号「Food Science」、来年度から、事業者責任で表示、
弁当や総菜に「健康な食事」マーク
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141113/180421/?ST=ffood

アグリバイオ最新情報【2014年10月31日】のハイライト
【GreenInnovation Vol.273】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141112/180398/?ST=ffood

LanzaTech社とIOC-DBT研究センター、排出二酸化炭素をリサイクルして
オメガ-3脂肪酸を生産するプロセスを確立
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141112/180396/?ST=ffood

国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2014年10月31日】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180350/?ST=ffood

森下仁丹と同志社大、岡山県立大、ザクロエキスにAGEs架橋切断活性、
メイラード学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180346/?ST=ffood

日経バイオテク11月10日号「特集」、「カルタヘナ法」カタルシス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180333/?ST=ffood

日経バイオテク11月10日号「編集長の目」、臨床試験という創薬の壁
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141111/180316/?ST=ffood

理研RSCなど、連続フェムト秒結晶構造解析の結晶供給手法を
Nature Methods誌で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141110/180309/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.162】アクリルアミドとグリシドール、
トレハロースとホスファチジルセリン・ω3
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141107/180249/?ST=ffood

※以下は、記者発表です。記事中のリンク先は各企業のウェブサイトです。

大塚ホールディングス、平成26年12月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141114/180455/?ST=ffood

ユーグレナ、内閣府「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」に
ユーグレナが研究開発機関として選定されました
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141114/180452/?ST=ffood

ユーグレナ、平成26年9月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141114/180451/?ST=ffood

ヤクルト本社、乳酸菌「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」の継続摂取が
出産後の便秘症状および痔の発症を軽減
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141114/180435/?ST=ffood

総医研ホールディングス、平成27年6月期 第1四半期決算短信
〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141113/180410/?ST=ffood

ユーグレナ、12月19日、エイジングケアのスキンケアシリーズ B.C.A.Dより
新商品を発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141113/180409/?ST=ffood

東洋精糖、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141113/180407/?ST=ffood

森下仁丹、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180380/?ST=ffood

森永乳業、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180378/?ST=ffood

日本甜菜製糖、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180376/?ST=ffood

明治ホールディングス、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180360/?ST=ffood

カネカ、平成27年3月期 第2四半期決算概要
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180359/?ST=ffood

カネカ、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180358/?ST=ffood

高砂香料工業、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141112/180356/?ST=ffood

キッセイ薬品工業、ゆめごはん1/35トレーシリーズ「特別用途食品 病者用食品
低たんぱく質食品」の表示許可取得
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180337/?ST=ffood

焼津水産化学工業、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の
取得結果及び取得終了に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180335/?ST=ffood

資生堂、代表取締役の異動(退任)に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180334/?ST=ffood

J-オイルミルズ、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180328/?ST=ffood

ホクト、平成26年10月の月次売上げ状況(速報)について
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180324/?ST=ffood

林兼産業、業績予想の修正に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141111/180323/?ST=ffood

ヤクルト本社、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180294/?ST=ffood

ヤクルト本社、中間配当のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180293/?ST=ffood

雪国まいたけ、平成27年3月期第2四半期業績予想と実績との差異
及び特別損失計上に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180292/?ST=ffood

雪国まいたけ、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180291/?ST=ffood

焼津水産化学工業、平成27年3月期 第2四半期の連結決算は減収減益
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180289/?ST=ffood

名糖産業、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180274/?ST=ffood

長谷川香料、通期個別業績予想と実績値との差異に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180273/?ST=ffood

長谷川香料、代表取締役の異動に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180271/?ST=ffood

日本製粉、第2四半期の連結業績および通期連結業績予想
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180270/?ST=ffood

日本製粉、当社連結子会社(オーケー食品工業株式会社)の業績予想と
実績の差異及び通期業績予想の修正に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180269/?ST=ffood

オエノンホールディングス、平成26年12月期 第3四半期決算短信
〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180268/?ST=ffood

不二製油、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180267/?ST=ffood

伊藤ハム、平成27年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180265/?ST=ffood

ヱスビー食品、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の取得結果
および取得終了に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180262/?ST=ffood

永谷園、平成27年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20141110/180261/?ST=ffood

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見はこちら。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

◆日経バイオテク 機能性食品メールの申し込み、変更、配信停止はこちら。
http://account.nikkeibp.co.jp/service/25-sid0159.html

◆このメール配信サービスは無料です。
◆弊社からのお知らせを不定期に配信する場合があります。
また、弊社の都合により配信を休止することがあります。
◆広告掲載をご希望の方は btj-ad@nikkeibp.co.jp へ問い合わせください。
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
 このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c)2014 Nikkei Business Publications Inc.          
All rights reserved.                         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテク/機能性食品メールの次回発行予定日は、2014年11月21日(金)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■ 【日経バイオテクONLINE 機能性食品版】 申込月無料 ■■■■

機能性食品関連の有料記事が月々本体952円+税で月に100本読めるサービスです。
「日経バイオテク」の連載記事、「FOOD SCIENCE」と「機能性食材研究」も収録。
詳細とお申し込みはこちら →→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
--------------------------------------------------------------------------