農林水産省が主催する「アグリビジネス創出フェア2014」が2014年11月12日から14日まで、東京ビッグサイト(東京・江東)で開催された。予定来場者数は3万5000人。まずは赤果肉リンゴが人気だった弘前大学と信州大学のブースを紹介する。リンゴの市場規模は年1700億円(卸売り価格ベース)。都道府県別収穫量(2012年)はトップの青森県が44万6000tで全国の56%を占め、そのうち半分が弘前市で、2位の長野県は16万5800tだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)