富士フイルムの医薬品事業部長を務める石川隆利取締役は2014年11月11日、同社の中期経営計画の記者会見で、エボラ出血熱を対象とした「アビガン」(ファビピラビル)の臨床試験が今月にもスタートすることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)