森下仁丹の独自の機能性食品素材ザクロエキスが、最終糖化産物(AGEs)の架橋を分解する作用が強いことが分かった。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センターの米井嘉一教授らと岡山県立大学保健福祉学部栄養学科の伊東秀之教授、森下仁丹研究開発本部が、2014年11月7日から8日に熊本市で開催された第24回日本メイラード学会年会で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)