2013年初めに登場したCRISPR/Cas技術が爆発的に進化している。有用生物の育種に威力を発揮し、パラダイム転換が進んでいる。「国際競争力をそぐ」カルタヘナ法の運用は改善すべきだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)