米Exelixis社は2014年11月4日、ステージIVのEGFR野生型の非小細胞肺癌(NSCLC)を対象としたcabozantinibと、erlotinibの単剤療法、あるいは併用療法のフェーズII(E1512試験)のトップラインの結果を発表した。これは第2選択、あるいは、第3選択の治療法としての開発を目指すもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)