理化学研究所放射光科学総合研究センター(理研RSC)生物試料基盤グループの菅原道泰研究員らは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」のX線レーザーを用いた「連続フェムト秒結晶構造解析(SFX)のための汎用的な蛋白質結晶供給手法を開発した。蛋白質結晶を高粘度物質のグリースに混ぜて低速で試料を押し出す手法。Nature Methods誌オンライン版で、2014年11月11日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)