小野薬品工業は2014年11月6日、2014年度上半期の決算説明会を都内で開催した。同社の相良暁社長は、減収減益となった当期の決算について「置かれた環境は厳しく、結果も厳しかった」と振り返った。当期には、抗PD-1抗体の「オプジーボ」(ニボルマブ、ONO-4538)を世界に先駆けて発売するという大きな進展があった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)