米エネルギー省(DOE)傘下のJoint BioEnergy Institute(JBEI)は2014年10月27日、JBEIの研究チームがバイオガソリンに対する耐性を高める微生物遺伝子を識別し、その遺伝子により生産性が改善されたことを組換え大腸菌(E. Coli)を使って実証したと発表した。研究チームはシステム生物学と遺伝子工学を組み合わせ、大腸菌によるイソペンテノール(isopentenol)の生産性が向上したことを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)