「これまでは牛海綿状脳症(BSE)の検査に用いる技術として注目されてきたが、今後は医薬品開発において、我々の蛋白質凝集を検出する技術が注目されていくと期待している」。11月7日に英国大使館が開催した英国CNS通商ミッションセミナーのため来日した英Microsens Diagnostics社CEOのRoger Rosedale氏が語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)