m 理化学研究所バイオリソースセンター(理研BRC)は、マウスの全ゲノム情報のわずか1文字の違いによって、精子と卵子が正常でも不妊となるモデルマウスを発見した。理研BRC新規変異マウス研究開発チームの権藤洋一チームリーダー(TL)、村田卓也開発研究員らが英Scientific Reports誌のオンライン版で、2014年11月7日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)