欧州製薬団体連合会(EFPIA)は、EUにおいて官民一体で進めている新薬開発推進プロジェクトIMI(革新的医薬品イニシアチブ)の枠組みを活用、近年国際的に開発が停滞気味の抗生物質の開発を目的とした、官民共同のコンソーシアム「DRIVE AB」(Driving Reinvestment in R&D and Responsible Antibiotic Use:抗生物質の研究開発と責任ある使用への再投資を推進)を発足させた。EFPIAが2014年10月27日、発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)