アミノアップ化学が商品化しているAHCC(活性化糖類関連化合物)の継続摂取で、ヒトパピローマウイルス(HPV)が陰性になる症例が報告された。米University of TexasヘルスサイエンスセンターHouston校のJudith Ann Smith准教授が2014年10月28日(日本時間10月29日)、米Houstonで開かれた第11回米癌統合医療学会で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)