第一三共は2014年11月4日、2015年3月期第2四半期の決算説明会を開催。日本において、早期退職の募集を含む事業運営体制の最適化を図ることなどを説明した。米Coherus BioSciences社と進めているバイオ後続品に関しては、リツキシマブの開発に当たって技術的な問題が生じていることも明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)