米IBM社は2014年10月29日、米Cleveland Clinicで、ゲノムベースの医療の採用を加速化させる新規の取り組みを始めると発表した。Cleveland Clinicの研究者らが、ゲノム研究分野でIBM社のWatson技術を使うことで、癌の治療医が、患者のための新規の治療の選択肢を発見し、個の医療の提供を支援する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)