米Akebia Therapeutics社は2014年10月27日、透析を行っていない慢性腎疾患患者の貧血治療を対象とする低酸素誘導因子プロリル・ヒドロキシラーゼ(HIF-PH)阻害薬AKB-6548のフェーズIIbの良好なトップラインのデータを発表した。AKB-6548は、主要な評価指標をクリアした。AKB-6548は、概して良好な忍容性を示した他、1日1回経口投与により、成功裏にヘモグロビンレベルを上昇させ、維持することが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)