ドイツApogenix社は2014年10月28日、再発性膠芽腫 を対象疾患としたAPG101 のフェーズIIの最終データを取りまとめた論文がClinical Cancer Research誌に掲載されたと発表した。APG101はCD95受容体とFc融合蛋白。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)