熱性痙攣は、麻疹/耳下腺炎/風疹(MMR)ワクチンを接種した1000人に1人から2人が呈する重篤な有害事象の1つ。デンマークStatens Serum Instituteは、MMR関連の熱性痙攣に関係する2つの遺伝子座を発見、加えて、熱性痙攣全般に関連する4つの遺伝子座も同定し、Nature Genetics誌電子版に、2014年10月26日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)