「ものづくり細胞エンジニアリングシリーズ10銃士」シリーズの10回目の執筆を仰せ付かりましたこと、大変光栄に存じます。これまで執筆された先生方は、細胞エンジニアリング“銃士”にふさわしい顔ぶれで、私などは実際の再生医療の臨床現場を飛び回る“鉄砲玉”にすぎませんが、その“鉄砲玉”としての経験から臨床現場で感じたこと、そして日本が細胞ものづくりにおいて世界をリードするために何が必要なのかについて、私見を述べされていただきます。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)