塩野義製薬は2014年10月29日、2015年3月期の上半期の決算説明会を都内で開催した。売上高は計画値に2億円届かなかったが、営業利益、経常利益は計画を上回った。経常利益については3年連続で過去最高益となった。また、同社の将来の柱として注目される閉経後膣萎縮症治療薬の「Osphena」(オスペミフェン)は計画値を大きく下回った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)