「腫瘍組織にある血管の内皮細胞は正常な血管内皮細胞と異なっている。新しい癌治療戦略を考える上で、この違いを明らかにしていくことは重要である」。北海道大学遺伝子病制御研究所フロンティア研究ユニット血管生物学研究室特任准教授の樋田京子氏は、10月27日に開催された北海道大学遺伝子病制御研究所・金沢大学がん進展制御研究所ジョイントシンポジウムで腫瘍血管の異常性獲得メカニズムについて講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)