栄養成分の機能を表示することが認められている「栄養機能食品」。これまで、加工食品(サプリメントなども含む)と鶏卵のみが対象だったが、今後は野菜や果物などの生鮮食品も対象となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)