米Morinda Worldwide社は、皮膚中の蛍光物質を計測してAGEs(終末糖化産物)を評価する体内年齢の推定により、ノニ含有飲料を飲んでいる喫煙者では、飲んでいない喫煙者に比べ、体内年齢が8.4歳若いという調査結果を日本で得た。2014年11月1日から2日に千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市)で開催される第21回日本未病システム学会学術総会で、この成果を発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)