米Indiana大学医学部のGregory A. Cote氏らは、膵管腺癌(PDAC)に対する診断検査の開発を目指し、PDACと慢性膵炎(CP)の患者、および総胆管結石を有する患者から採取した血漿中と胆汁中のmiRNAの発現を比較。得られたデータに基づいてPDACシグネチャーパネルを作製し、その精度を確認した。詳細は、American Journal of Gastroenterology誌電子版に2014年10月28日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)