健康食品産業協議会は、2014年度中に実施することが2013年6月に閣議決定された「新たな機能性表示制度」の事前確認・届け出を支援することを決定した。協議会に参加している8団体の1つである日本健康・栄養食品協会(日健栄協)が支援を実施する。「協議会には執行体制は無い。執行体制を持つ日健栄協にお願いすることにした」と、2014年10月30日に都内で開催された記者向け説明会で、協議会の会長を務めている関口洋一・日本水産執行役員は語った。日本水産は、大手食品企業38社が会員である健康と食品懇話会(健食懇)の副会長会社だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)