内閣府の第9回革新的研究開発推進会議が2014年10月30日に開催され、ImPACT研究開発プログラムの4件が承認された。10月2日の8件承認を合わせ、ImPACTの12件全部が承認されたことになる。10月30日の第9回会議では冒頭に、9月3日成立の第2次安倍内閣(改造)で、科学技術政策を担当する内閣府特命担当大臣に着任した山口俊一衆議院議員があいさつした。大臣就任以来初めての出席だった。ImPACTの予算は550億円。2013年度補正予算で基金として確保された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)