2014年10月28日、国際的なパートナーシップ組織である「GPCR Consortium」が発足したと発表された。コンソーシアムでは、プレコンペティティブな試みとして、5年間で200種類のヒトG蛋白質共役受容体(GPCR)の立体構造の解明を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)