Wmの憂鬱、日本のイノベーター連載第2弾、帝人の医薬売り上げトップに躍り出る『フェブリク』はこうして誕生した

(2014.10.01 00:05)1pt
宮田満

第2回の(1)、帝人の医薬売り上げトップに躍り出る『フェブリク』はこうして誕生した

第2回の(2)、弱さを強みに変えた「フェブリク」の創薬戦略

第2回の(3)、近藤Gフェローの賭が奏功、開発が急ピッチで進んだ「フェブリク」

第2回の(4)、変異原性試験で開発がピンチに、フェブリク誕生までの最後の試練

第2回の(5、完結)、痛風を超え高尿酸血症という新治療概念を提唱、ブロックバスター確実な「フェブリク」の成功の鍵

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧