東洋新薬は、独自素材の「葛の花エキス」が、非アルコール性脂肪肝(NAFL)を改善する作用を示すことをヒト試験で見いだした。オリエンタル上野健診センターと連名で、宮崎市で開かれた第35回日本肥満学会で2014年10月24日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)