先週金曜日に開催された厚生労働省厚生科学審議会技術部会は、日本の先進医療のインフラ整備が急速に進むことを表したものでした。今年11月25日には再生医療新法が施行され、新しい時代の幕が開きます。それだけでなく、技術部会では次々と新しいガイドラインや制度を施行することが承認されたのです。政府の本気度が良く判りました。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら