米癌ゲノムアトラス研究ネットワーク(TCGA)の研究者たちは、496の甲状腺乳頭癌(PTC)標本のゲノムの全体像を分析し、得られた情報をCell誌2014年10月23日号に報告した。ゲノムデータを利用すると甲状腺癌はさらに細かく分類できることが明らかになり、それぞれに最適な治療を選択できれば、個々の患者の臨床転帰はさらに改善すると考えられた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)