大阪大学微生物病研究所難治感染症対策研究センター分子原虫学分野の堀井俊宏教授は、2014年10月3日、本誌の取材に応じ、第1世代と第2世代のマラリアワクチンの開発状況について明らかにした

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)