遺伝子組換えクモ糸の研究開発を行うスパイバー(山形県鶴岡市、関山和秀社長)は、2014年10月24日までに、小島プレス工業と共同でバイオマテリアルQMONOSの量産化に向け、パイロットラインを整備するための新棟建設を開始した。また、両社は9月26日付で、Xpiber(山形県鶴岡市、関山和秀社長)を設立した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)