ディナベック(茨城県つくば市、朱亜峰社長)と京都大学iPS研究所(CiRA)は、2014年10月23日、ディナベックが所有するセンダイウイルスベクターを用いて、iPS細胞から簡便に創薬研究用の疾患標的細胞を分化誘導する方法を開発する共同研究契約を締結した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)