米Advanced Cell Technology(ACT)社は、10月17日、ヒトiPS細胞から血小板を作る同社の技術により、ほぼどの患者においてもユニバーサルドナーの血小板を大量に産生できる可能性があることを、研究結果から報告した。研究結果は、Stem Cell Reports誌の電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)