2014年10月21日、再生医療等安全性確保法と改正薬事法の政省令についての説明会が開催された。主催は日本再生医療学会と再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)。厚生労働省医薬食品局医療機器・再生医療等製品審査管理室の荒川裕司主査が、2014年11月25日に施行される改正薬事法(薬機法:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)について説明した。また、薬機法に伴って一部変更された「生物由来原料基準」についても言及した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)