発癌性などの毒性が知られているアクリルアミドが、ポテトチップなどのでんぷん加工品食品中に生成してしまうのを抑制できる酵素アスパラギナーゼが、日本でも近く使用可能になる。2014年10月21日16時から公開で開催される厚生労働省の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会で、新規食品添加物のアスパラギナーゼについて、報告が行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)