2014年10月17日、2年振りにBioJapanで講演いただいた京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長との楽屋話で、iPS細胞とゲノム編集技術の融合によって新たなバイオ革命が起こることを実感しました。これはもう大変な技術突破が起こることは間違いありません。まるっとバイオを変える技術突破が、創薬研究を変革します。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら