富士産業の粉末清涼飲料「コタラエキス」と小林製薬の錠菓「サラシア100」の食品健康影響評価がまとまり、2014年10月21日に開催される食品安全委員会(第534回)で評価を終了する見通しになった。2品目とも、αグルコシダーゼ阻害活性のあるサラシア属植物成分を含み、食後血糖値対策の特定保健用食品(トクホ)として申請されている製品だ。食品安全委員会がこの審議を経て消費者庁に答申すると、消費者委員会の新開発食品調査部会における審議に進む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)