香川県高松市にある四国産業・技術振興センター(STEP)は、2014年10月15日から17日に横浜市で開かれたBioJapan 2014の展示会場で、四国における「健康支援食品制度」の取り組みを発表した。10月16日にはバイオインダストリー協会(JBA)の機能性食品研究会とヘルスケア研究会が共同出展したゾーンで、口頭発表を行った。最初にSTEP産業振興部の森久世司・食産業プロジェクトリーダーが取り組み状況を説明し、続いて四国3県(香川県、愛媛県、高知県)の5社の有力素材を、大学や企業の研究者・経営者が説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)