米Massachusetts工科大学(MIT)は2014年10月2日、Chemical Engineering学科とWhitehead Institute for Biomedical Research(Whitehead研究所)の科学者から成る研究チームが酵母(Saccharomyces cerevisiae)のエタノール耐性を高める新たな手法を開発したと発表した。細胞膜内外のイオン濃度勾配を変化させることにより酵母は高レベルのエタノールに対する耐性を示し、エタノールの生産性が向上した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)