東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻の高坂洋史助教と能瀬聡直教授らは、東京薬科大学との共同研究により、運動速度を制御する神経回路機構の一端を解明した。ショウジョバエ幼虫の運動回路をモデルとして、オプトジェネティクスやサーモジェネティクスなどの遺伝学的手法を用いて解明した成果を、Current Biology誌(IF9.916)オンライン版2014年10月16日号で発表した。東大は論文内容について10月16日に記者会見を開催した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)