2014年度ノーベル賞と脳科学の未来(後編:化学賞と全世界の脳科学研究をめぐる動き)

(2014.10.17 12:00)1pt
山形方人(Harvard University、脳科学センター)

 今年も10月初めに自然科学系のノーベル賞発表があった。神経科学、脳科学に大きな関心がある筆者にとって、バイオ系の学術的な観点から、興味深い分野が受賞の対象になった年であった。実は著者は、今年度のノーベル賞は神経科学分野が受賞するのではないかと想定していた。本コラム後編では、ノーベル化学賞の意義と、ノーベル賞を想定していた2つ目の理由、脳科学の未来について論じたい。前編では、ノーベル賞を想定していた1つ目の理由とノーベル生理学・医学賞の意義について論じた。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧