2014年度ノーベル賞と脳科学の未来(後編:化学賞と全世界の脳科学研究をめぐる動き)

(2014.10.17 12:00)1pt
山形方人(Harvard University、脳科学センター)

 今年も10月初めに自然科学系のノーベル賞発表があった。神経科学、脳科学に大きな関心がある筆者にとって、バイオ系の学術的な観点から、興味深い分野が受賞の対象になった年であった。実は著者は、今年度のノーベル賞は神経科学分野が受賞するのではないかと想定していた。本コラム後編では、ノーベル化学賞の意義と、ノーベル賞を想定していた2つ目の理由、脳科学の未来について論じたい。前編では、ノーベル賞を想定していた1つ目の理由とノーベル生理学・医学賞の意義について論じた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧