ドイツBayer社と京都大学産官学連携本部は、2014年10月16日、Bayer社の重点領域である循環器、腫瘍、血液、婦人科、眼科などを対象として、共同で創薬研究候補のテーマを探索する2年間の提携契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)