人工甘味料の有害性を示唆する論文が2014年9月17日、Nature誌でオンライン公開され(PMID: 25231862)、欧米で大きな話題となった。タイトルは、Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota(人工甘味料が腸内細菌叢を変え、耐糖能異常を引き起こす)。日本でも、一部の新聞が取り上げ、今後は週刊誌などもにぎわしそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)