2014年11月に施行される予定の再生医療等安全性確保法に関連して、一部の美容外科医から戸惑いの声が上がっている。相当数の美容外科が、目の下のたるみやしわに対し「ハリが取り戻せる」として実施している多血小板血漿(Platelet Rich Plasma:PRP)が、同法の対象になるとみられているためだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)