生活関連から環境・省エネ、化学・食品、医療用医薬品まで幅広い事業を展開する興和。同社初の抗癌剤候補であるペレチノインは、国内とアジアでフェーズIIIが進行中だ。今年8月、東京大と富士通とのIT創薬で開発候補の化合物が見いだされたことを発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)