2014年9月30日、米疾病対策センター(CDC)は、米国国内でエボラ出血熱との診断を受けた症例が初めて出たと発表した。エボラ出血熱はエボラウイルスによる急性熱性疾患であり、血液や体液との接触によりヒトからヒトへ感染が拡大する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)