国立感染症研究所免疫部の阿戸学部長は、2014年度から厚生労働省のプロジェクトで新規のインフルエンザワクチンの開発などを始める。同プロジェクトの研究計画について、2014年10月7日、阿戸部長と同部の高橋宜聖第四室長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)