癌幹細胞の登場により癌が多様な細胞集団であることが認知されてきた。休眠する細胞、間質を構成する細胞や宿主の免疫との相互作用などが標的となる。ただし、研究手法がまだまだ追いつかない現状も明らかになりつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)